« ■掘りたての赤ちゃん筍 | Main | ■400年の時を経て »

2007.02.27

■続−赤ちゃん筍





口一杯に広がる甘み、香ばしさ、そしてほのかなエグミ。幸せ〜(#^.^#)

またくれないかな(#^.^#)

|

« ■掘りたての赤ちゃん筍 | Main | ■400年の時を経て »

Comments

背景の越乃寒梅になにゆえ目が行く・・・。
家人がいっぺん筍掘りしたいと度々申しておりますが
観光タケノコ掘り園なるものがあるのでしょうか?

Posted by: トオル | 2007.03.01 at 01:25

お目にとまった越乃寒梅もなぜか頂き物でございます(∩_∩)♪

たけのこ堀り体験は「たけのこ狩り」で検索かけたら結構ヒットしましたよ(^^)

私は昔、竹やぶ持っていらっしゃる方のところで、一度だけ体験させてもらったことがあります(^^)
自分では探せず、「ここ掘れワンワン」状態でした(笑)

この春はいつもの京都旅行メンバーで、京都のたけのこ料理三昧の日帰りツアーの計画があります。行けるといいなぁ!!!!
たけのこのおさしみ食べたい♪

Posted by: rubyruby | 2007.03.03 at 11:30

追伸。

おねだりしたら、また赤ちゃんたけのこもらえました(*^_^*)

Posted by: rubyruby | 2007.03.03 at 11:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13352/14069941

Listed below are links to weblogs that reference ■続−赤ちゃん筍:

« ■掘りたての赤ちゃん筍 | Main | ■400年の時を経て »